galerie de photos

Laville remplied’ art(街にあふれるアート)

ある時、イタリア・ボローニャの路地で絵を描いている、年老いた男のパレットをのぞいた時、そこにある絵筆に染み込んだ、さまざまな色が自然と重なり、グラデーション化し、それらの美しさに強烈なときめきを感じたのです。それをきっかけに街の中には、人の作為もなく意図せずして忽然とアートが点在する事に気づき、80年代を中心に主にイタリア各地とフランス・パリにて、切り取り集めたアナログ写真の一部を一冊にまとめました。

この写真集の完成は、私の恩師でもある、故永井健司画伯へのオマージュであり、この作品にご賛同いただいた、東京藝術大学の講師でCoffee&Bindery Gigiを営む、サワムラユースケ氏のご尽力の賜物です。

写真 // 生島時彦

監修・構成 // サワムラユースケ

THANKS!

メッセージを送信しました。

後ほど、こちらよりご連絡いたします。