リモンタ社への想い

リモンタ社と言えば、言わずとも知られるイタリア🇮🇹北部、スイス🇨🇭国境近くの高級リゾート地でもあるコモ湖にある、そして、シャネルやプラダ、ルイヴィトンなど名だたるメゾンブランドの素材を手がけている一流の会社です。

私とリモンタ社との関わりは、かれこれ30年はゆうに超える長いものです。私が、20代の頃イタリアで目にした、しなやかで上品な光沢があり、そしてふっくらとしたナイロン生地で出来た素敵なバッグを見て、自分もこの素材でバッグを作ってみたい!と決心し、その頃フィレンツェにいた友人に相談した時からの始まりです。(その素敵なバッグは、GUCCIグループの傘下に入リ、超高級ブランドに変身する前のボッテガヴェネタのモノでした)

そのあと、何とか入手することが出来、すぐにサンプル作成に取り掛かリ、形になった数点が、その頃お取引させていただいていた銀座の和光様の目にとまり、実際の商品としてデビューさせて頂いたのが始まりです。

その素材から、現在に至るまで、あらゆるリモンタ社の素材を使用したバッグを作り続けています。小さなオーダーにもかかわらず、この10年は、オリジナルの素材を作っていただいています。先日も、来日中の忙しいスケジュールにもかかわらず、ここボエムに来ていただき、私にエールを送ってくれました。

その中で、一番心に残ったのが「小さなオーダーでも気にするな!おまえは我々のファミリアだから。」と言ってもらった事です。

今、新宿伊勢丹メンズ館とのコラボ企画が進行中です。

それは、リモンタ社が作ってくれた私のオリジナルの素材を使って、ボエムとイタリアのブランドとの合作になります。詳細が分かり次第WEBSITE にて、ご紹介させて頂きます。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

THANKS!

メッセージを送信しました。

後ほど、こちらよりご連絡いたします。